コマツは、1921年、石川県小松市で、鉱山機械の修理をする会社として事業を開始しました。その2年後、エル−式電気炉を用いて鉱山機械、鉄道、船舶部品などの鋳造素材の量産を開始しており、これが私たちコマツキャステックスの基礎となっています。「鋳造」を生業として今年で90年、連綿と流れるコマツウェイを受け継ぎながら1997年、鋳造事業の輝ける未来と発展への思いを込め、コマツキャステックスとして分社独立を果たしました。
 コマツグル−プの強みは、素材から完成品までグル−プ内で一貫生産できる体制にありますが、私たちは鋳鉄品・鋳鋼品を型製作から素材生産、機械加工まで一貫して担当する、鋳造素材のマザ−工場として成長を続けてきました。
 私たちはこれからも、コマツの創業以来永い年月の中で培われた技術力を受け継ぎ、「品質と信頼性」を追求し、「ものづくりの原点」である鋳造素材の生産でお客様に最大のご満足を提供していきたいと考えております。

快適にご覧いただくためには、最新のFlash Playerプラグインをインストールされることをお勧めいたします。

お知らせ


企業情報

コマツキャステックスについて